小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

ビットマップ画像とは

ビットマップ画像

ビットマップ形式の画像はドット(ピクセル)の集合体でできていて、モザイク画像をイメージを想像すると分かりやすいと思います。

ドットが細かくなる(ピクセルの密度が上がる)と綺麗な画像に仕上がります。

ドッドが細かくなるほど解像度が高く、荒いほど解像度が低くなります。→【解像度について

ビットマップ画像を編集するにはウィンドウズに標準で入っている「ペイント」や「Adobe Photoshop」「Adobe Fireworks」をなどを使用します。

ビットマップ画像の注意点

ビットマップ画像は、拡大すると輪郭にシャギというギザギザが表れます。

また、縮小すると情報が失われます。

これらのことから、拡大・縮小を繰り返すと画像が荒れていきます。
 

しかし作業中は拡大・縮小は頻繁に行いたいものです。

そこでフォトショップでの画像の劣化を回避する方法を2つご紹介いたします。

スマートオブジェクト化

画像を開き、メニューから「レイヤー」→「スマートオブジェクト」→「スマートオブジェクトに変換」の順にクリックします。

blog_bitmap01

スマートオブフェクトを選択できない場合は、レイヤーパレットで画像が「背景」になっていないか確認します。

背景になっていたらダブルクリックでレイヤーに変換します。
blog_bitmap2

調整レイヤーを追加する

レイヤーパレットの下のボタン「塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成」を選択し、「トーンカーブ」などの調整したい項目をクリックします。
blog_bitmap03
blog_bitmap04

調整を終えるとレイヤーパレットに新規レイヤーが追加されています。

blog_bitmap5

BMP形式について

Windows専用のビットマップ形式として、BMPという形式があります。

Windowsのペイントで編集可能な形式です。

BMPはMacでは使用できません。

また、BMP画像はウェブサイトに使用できないので、jpegやpmgに変換する必要があります。

BMP画像サイズを軽くする方法について

「減色」という方法を用いてファイルサイズを軽くすることができます。

なお減色すると色合いが変化します。

 1. 「別名を保存」をクリックし、「ファイルの種類:256色ビットマップ」を選択します。

保存場所とファイル名を指定したら「保存」をクリックします。

 2. 「この形式にするといくつかのカラー情報が失われる可能性があります」のウインドウが表示されたら「はい」をクリックします。

ファイルサイズの軽い順に
「白黒ビットマップ」→「16色ビットマップ」→「256色ビットマップ」→「24ビットビットマップ」となります。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.