小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

解像度について

解像度とは

ビットマップと呼ばれる画像に使われる画素数の密度のことを表します。

値が大きいほど細密な画像になります。

解像度の単位

単位は「dpi」「ppi」「lpi」の3つです。

dpi

  • dots per inch(ドット・パー・インチ)の略
  • 1インチに含まれるドット数
  • 綺麗な画像を用意するためには、画面上では72dpi、印刷では350dpiが必要

ppi

  • pixels per inch(ピクセル・パー・インチ)の略
  • 1インチに含まれるピクセル数
  • Adobe Photoshopで使用されている単位

lpi

  • lines per inch(ライン・パー・インチ)の略
  • 1インチに含まれる網点(あみてん)数
  • 別名スクリーン線数ともいう
  • 一般的な印刷物では175線が使用される

画像が荒い理由

画面上では綺麗に表示されるのに印刷すると荒くなることがあります。

これは解像度によるものです。

画像が荒く見えるのはピクセルやドットの解像度(密度)が少ないためです。
blog_kaizodo01

画面上で画像を綺麗に表示するには解像度が72dpi必要です。

対して印刷物で綺麗に出力するにはモノクロ画像で300dpi、カラー画像で350dpiが必要になります。

もし画像の解像度が72dpiしか無い場合、
画面上では綺麗に表示されますが印刷に使用するには解像度が足りません。

こういった理由から印刷時には画像が荒く出力されてしまいます。

※解像度は高いに越したことはありませんが、画面上で使う画像に解像度の高いものを使用するのはオススメしません。
画像を表示するのに時間がかかり、動作が遅くなる原因になります。

解像度を確認する

Adobe Photoshopを使って確認する方法をご紹介します。

解像度を調べたい画像を開いてから、「イメージ」→「画像解像度」の順にクリックして、ドキュメントのサイズの中の「解像度」を確認します。

「画像の再サンプル」のチェックは外しておきます。
blog_kaizodo02

印刷に使用する場合は

カラーの場合  解像度:「350」
モノクロの場合 解像度:「300」

に設定します。

画面上に使用する場合は解像度:「72」に設定します。

画像の解像度を保ったままサイズを変更したい

例えば、解像度:350dpi、サイズ:100×100pixelの画像があるとします。

これを解像度は350dpiのまま、サイズを50×50dpiに変更したい場合、

「イメージ」→「画像解像度」の順にクリックし、ドキュメントのサイズの中の「画像の再サンプル」にチェックを入れます。

「画像の再サンプルにチェックを入れることで、解像度を保ったまま画像サイズを変更することができます。

そして「幅」「高さ」に変更したいサイズを入力し、OKをクリックします。

※解像度を保ったまま元画像よりも大きくすることはできません。

例えば、解像度:350dpi、サイズ:100×100pixelの画像があるとします。

これを解像度は350dpiに保ったまま、サイズ:200×200pixelに拡大することはできません。

 
どうしても拡大したい場合は、「画像の再サンプル」のチェックを外してから200×200pixelと入力することにより、解像度を下げて拡大する方法があります。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.