小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

面付けについて

面付けについて

面付けとは、印刷・断裁・製本が効率よく行えるように、データを配置していく作業のことです。
 

例えば名刺の場合、100枚を1枚ずつ印刷するととてつもない労力とコストがかかってしまいます。

それを効率よく印刷するために面付けを行います。
 

1枚ずつ印刷すると100回印刷することになり、その分の用紙・印刷代、作業代がかかります。

面付けによって一枚に20丁つけた場合、20丁×5=100枚となり、用紙・印刷代、作業代を大幅に減らすことができます。

blog_mentsuke01

基本的な面付けの方法

55mm×91mmの名刺をA4に10丁つける方法です。

1. 55mm×91mmで制作したデータを用意します。

テンプレートはこちらからダウンロードできます。→【名刺・カードテンプレート

blog_mentsuke02

2. 55mm×91mmサイズの四角形を作り、塗りと線を無しにします。

blog_mentsuke03

3. 2.で作った枠をトンボの中央に整列します。

これで面付けするための枠ができました。

トンボは削除しておきます。

塗り足しがある場合は55mm×91mmのクリッピングマスクを作成して下さい。

→【クリッピングマスク
 

(トンボに直接触れない場合はトリムマークになっています。

2.で作った枠とトリムマークが重なっているので2,で制作した枠を最背面にしてから枠をクリックすると、トリムマークを触ることができます。

トリムマークが選択されたら削除します。)

blog_mentsuke04

4. オブジェクトを全選択します。

この際ロックがかかっていたり、隠れているオブジェクトがないか確認するためにキーボードで⌘+2、⌘+3(Windowsの場合はAlt + Ctrl + 2、Alt + Ctrl + 3)を押しておくとよいでしょう。

5. Enterを押すと(または移動ツールをダブルクリック)移動ダイアログが表示されます。

垂直方向に「-91mm」(バージョンによっては91mm)と入力し、「コピー」をクリックします。

※アートボードの向きが縦の場合は水平方向に「91mm」

blog_mentsuke05

6. 名刺が複製されました。

全選択して2つの名刺が選択されたのを確認してからEnterを押して(または移動ツールをダブルクリック)水平方向に「55mm」と入力します。

※アートボードの向きが縦の場合は垂直方向に「-55mm」(バージョンによっては55mm)

7. 縦に複製され、合計4つの名刺ができました。

さらに⌘+Dを行うと前回の動作を繰り返すので、⌘+Dを3度押して複製します。
blog_mentsuke06

8. これで合計10つの名刺ができました。

全選択してグループ化し、整列で「アートボードに整列」を選択してから中央に配置します。

下の画像のような形になれば面付けの完成です。

自力で面付けするのが困難な場合は面付けテンプレートを利用するとよいでしょう。

blog_mentsuke07

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.