小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは

オフセット印刷とは、現在一番多く印刷に使われている方法で「版」を使って印刷します。
 

「版」とは、はんこをイメージすると分かりやすいと思います。

はんこに朱をつけて押すとはんこの凹んだ部分は紙とは直接着かず、凸の部分のみについた朱が紙に転写されます。

この仕組みを印刷では凸版(とっぱん)印刷と呼びます。
 

また、逆に削った部分のへこみにインクを流して紙に転写する印刷方法を凹版(おうはん)印刷と呼びます。

オフセット印刷の仕組み

オフセット印刷は、このどちらにも属さない平版(へいはん)印刷と呼ばれる印刷方法を使っています。

この版にはほぼ凹凸がなく、水をはじく部分と水をのせやすい部分に分けられています。

版を水で濡らした後にインクをつけると、インク(油)と水が反発しあい、水をはじく部分の版にのみインクが残ります。

こうして版に付けられたインキをローラーに転写(オフ)した後、ローラーから紙に印刷(セット)するため、オフセット印刷と呼ばれます。

この水とインク(油)のバランスが印刷品質に影響を与えます。

近年は水を使用しない「水なし印刷」が開発され、品質の向上と安定化が進んでいます。

オフセット印刷の特徴

blog_offset

  • 一度に大量の印刷物を作ることが得意です。
  • 紙と接触するのがゴムなので、紙を傷つけず、凹凸のある特殊紙などにも対応できます。
  • 特色を使用することができます。
  • 通常では潰れてしまうような濃淡や小さなオブジェクトも再現できます。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.