小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

PDFとは

PDFとは

blog_pdf01

PDF(ピーディーエフ)とは、電子文書のためのフォーマットのことで、“Portable Document Format”の略です。
 

拡張子は『.pdf』です。
blog_pdf02
 

活用されている場面を挙げると、ネットで公開されている取扱い説明書や注文書・申請書などにPDFがよく使われています。

PDFデータを見るには、Adobe社が公開している無料ソフト『Adobe Reader(アドビリーダー)』をインストールする必要があります。

これは、あくまで閲覧用であってPDFを作成することは出来ません。

PDFファイルを作成するには『Word 2010』、『Excel 2010』などのOffice製品や、『Illustrator』、『Photoshop』などのAdobe製品を使って作成します。

PDFは容量が軽く、見栄えが綺麗ことからメールの添付画像等にも使われる、万能なフォーマットです。

また、印刷用データの入稿フォーマットとしても最適です。

それでは、具体的なPDFの特徴を挙げていきます。

容量が軽い

PDFは圧縮してデータを保存するのでファイルサイズを軽くすることができます。

圧縮の方法によっては50MBが10MBになるなど格段に軽くすることができます。

フォントを気にしなくていい

PDFはフォントを埋め込んで作成できるので、フォントの添付し忘れを防ぐことができます。

これにより、印刷会社にフォントがあるかどうかの確認作業が無くなるので、使いたいフォントを自由に使うことができます。

画像の添付忘れがなくなる

PDFは使用されている画像データを全てまとめ、ひとつのファイルとして作成するので画像の添付忘れがなくなります。

これにより、入稿するファイル数が最小限で済み、画像データの入稿もれによるリンク切れも起こりません。

データがコンパクトになることで、データを受ける側と渡す側のやりとりがスムーズに行えます。

さらに、PDFはAcrobat・Acrobat Reader・AdobeReaderで中身を見ることができるので、リンク画像が壊れているかどうかのチェックも可能です。

作成ソフトウェアやアプリケーションは自由

PDFはフォント・画像の埋め込みが可能で、PDFを作成した時に元のソフトウェア(OSやアプリケーションのこと)とは全く別の形式になっています。

またデータを受け取る側にAcrobatなどのPDFを処理できる環境があれば、同じアプリケーション(word、Illustratorなど)が用意されている必要もありません。

つまり入稿先の環境を気にせずにデータを作ることができるのです。

データトラブルが少ない

PDFはデータの仕上がりイメージを確認する事が可能です。

Illustratorなどでデータを受け取ると、バージョンの違いやフォントが無いなどでエラーが表示され開くことができないことが多くあります。

また、PDFは印刷物と限りなく近い表示ができるので、印刷物が出来上がってからの色が全く違うといった不安を取り除くことができます。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.