小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

RGBとは

こちらも合わせてお読みください→CMYKとは

RGBとは

「RGB」とは、R(赤)・G(緑)・B(青)の三色のかけ合わせで表現したカラーのことです。

R(赤)・G(緑)・B(青)の3色を「色光の三原色」と呼び、画面上の色やデジタルカメラなど画像の色を表します。

三色すべてが重なる部分は「白」になります。

色を加えていくと白になることから「加法混合」という発色方式を使って色を表現しています。
 

RGBは発光した色がそのまま視覚で受け取られるので、鮮明で豊かな色の表現が可能です。

CMYKとRGBの違い

CMYKとRGBの色の表現方法は根本的に異なっているので、RGBカラーをそのまま印刷で使うことはできません。

印刷の際には、必ずRGBからCMYKへのカラー変換が必要になります。

RGBで印刷してはいけない理由

RGBで印刷しようとすると、印刷時に強制的にCMYKに変換されます。

そしてRGBよりもくすんだような色で印刷されてしまいます。
 

なぜくすんでしまうのか?

これは、一般的にRGBのほうがCMYKよりも表現できる色の範囲が多く、鮮やかに表現できるからです。

特にRGBでしか表現できない鮮やかな色彩(パステルカラー・ビビッドカラー・蛍光色など)はくすみが顕著に表れてしまいます。
blog_rgb01

画面で見たままの色は出せない?

プリンタの機種や温度、湿度などの環境が変われば、色も変わってしまいます。

同じデータなのに前回と別の印刷会社に印刷を頼んだら色が変わってしまった!という現象はこれらが原因です。

また、モニターの調整によって青み・赤みがかったり、明るくなったり暗くなったりするため、同じものを見ていても色は多少変わります。

つまり、同じ印刷データを見ていてもパソコンによって見え方が違うため、印刷会社で画面上の色に近づけて印刷しても、発注者側の画面上の色と同じになるとは限らないのです。
 

これらのことから、画面上の発色と近い色合いに近づけることは可能ですが、そのままの発色を印刷物で表現することはできません。

RGBで入稿した場合

スロカでは、データ上でRGBカラーが使われていた場合、こちらでCMYKへの変換を行います。

その旨はメールにてご連絡を差し上げて確認をいただいてから印刷作業にかかります。


予期しない色の変化を防ぐためにも、あらかじめCMYKカラーでデータを作成することが大切です。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.