小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

濃厚で深い黒を綺麗に印刷するコツ

印刷の現場から、濃厚で深い黒を綺麗に印刷する方法をご紹介いたします。

こちらも合わせて読むと、より理解が深まります。
»文字などの細かい黒を綺麗に印刷する方法

黒色を表現するにはおおまかに2種類あります。

「リッチブラック(CMYK4色の掛け合わせ)」と「スミベタ(K100%)」です。


※リッチブラック・・・C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)4色をミックスさせてできる黒色のこと。
見た目は黒色ですが4色を使っているのでカラー扱いになります。→【リッチブラックとは
※スミベタ・・・K(ブラック)1色の黒色のこと。→【スミベタとは

この内「濃厚で深い黒を綺麗に印刷できる」のは「リッチブラック」です。

「リッチブラック(CMYK4色の掛け合わせ)」で印刷した「黒」

こちらの写真はリッチブラック(K100%)で印刷した場合です。
ほとんど一面真っ黒で均一に色が乗っています。
このように均一に色が乗るので、リッチブラックは「黒ベタに使いたい、背景に使いたい、広い範囲を塗りつぶしたい」場合におすすめです。

Illustratorのカラー設定

※ここでのリッチブラックのCMYKのかけあわせは「C40%、M40%、Y40%、K100%」に設定しています。

「スミベタ(K100%)」の「黒」

こちらの写真はスミベタ(K100%)で印刷した場合です。
ムラがあるのが分かります。
均一に色を乗せるには不向きですが、輪郭がはっきりするので文字等の細かい部分に使うのがおすすめです。

Illustratorのカラー設定

「リッチブラック」におすすめの紙

「リッチブラック」を使用した黒いデザインをより活かすために、用紙は「アイベストW」などのコート紙をおすすめします。
表面加工された用紙なので上質紙よりもトナー(インク)のノリが良く、より深い黒に仕上げてくれます。
 
以下はスロカで取り扱っている用紙の中からトナーのノリが良いものと乗りづらいものに分けたものです。

トナーが乗りやすい

エスプリコートFP(光沢面)
アイベストW、ハイマッキンレーマットポスト
マシュマロ、マシュマロナチュラル

トナーが乗りづらい

ハイブランカR、しらおい上質、孔雀ケント、エスプリコートFP(上質面)
マーメイド、紙三彩両面新オボナイ紙 白

 
広い範囲に色を乗せたい場合はトナーが乗りやすい用紙を選びましょう。
トナーが乗りづらい用紙(特にマーメイド、紙三彩両面新オボナイ紙 白)は表面がザラザラした紙質なので、ムラが出来やすくなります。

得意、不得意に合わせて使い分けよう

リッチブラックは均一に色が乗るため、広い範囲を印刷するのが得意です。
スミベタ(K100%)は輪郭がはっきり印刷されるため、細かい文字などを印刷するのが得意です。

このように、デザインによって「リッチブラック」と「スミベタ」を使い分けることで、よりこだわりの印刷物に仕上がるでしょう。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.