小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

裏移りとは

裏移りとは

裏移りとは、断裁時の圧力や紙の摩擦、こすれにより、まだ乾いていないインキが接触した紙に付着してしまうことをいいます。

裏移りの原因

1. 用紙には裏移りしにくい用紙と裏移りしやすい用紙があります。

理由は、紙質によってインキの乾燥性が違うからです。

一般的にコート系の紙は乾燥性がよい、マット系の紙は乾燥性が悪いとされております。

スロカでは「ベストマット180kg」が裏移りしやすい用紙のため、こちらの用紙の扱いは中止させていただいております。

マット系の中にもベストマットのように裏移りしやすい用紙と、しにくい用紙があるので、全てのマット系の紙が裏移りするわけではありません。

2. CMYKの合計が250%を超える場合

同じ環境で同じ紙を使っても、CMYKの合計が250%を超えた色を使用されると、裏移りが発生しやすくなります。

高濃度の色を使用するほどインクの乾きが悪くなり、裏移りの原因となります。

3. 仕上がりの縁に色の濃いデザインをした場合

フチのあるデザインや、全面に背景色をのせる場合に濃い色を使用されると裏移りが発生しやすくなります。

裏移りを防ぐためには?

裏移りの原因を極力減らすために、

1. 裏移りしにくい用紙を選ぶ

2. CMYKの合計が250%以上の色は使用しない

3. フチや背景色での濃い色の活用は避ける

以上の3点に気を付ければ、裏移りの現象はかなり抑えることができます。
 

スロカでは、裏移りが無いか人の目で確認作業を行っております。
それでも、気温や湿度の環境の変化や、時間が経ってしまうなどすると微細な裏移りが起こる可能性がありますのでご了承ください。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.