小ロット印刷から特殊用紙まで
格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ

▼デザインをお持ちでない場合 ▼データを入稿する場合

用紙サイズについて

「原紙」とは

「原紙」とは、「紙加工仕上げ寸法(後述参照)」に裁つ前の紙のもともとの大きさです。

原紙寸法とも呼び、JISではA列系とB列系、四六判、菊判、ハトロン判の5種類があります。

印刷や製本に必要な余白のため、紙加工仕上げ寸法よりわずかに大きくなっています。

半分に切っていくに従って、半裁、4裁、8裁と呼び、紙加工仕上げ寸法とは呼び方が異なります。

<原紙サイズ>
原紙の種類 寸法
A列本判(A全判) 625×880mm
菊判 636×939mm
B列本判(B全判) 765×1,085mm
四六全判 788×1,091mm
ハトロン判 900×1200mm

「紙加工仕上げ寸法」とは

「紙加工仕上げ寸法」とは書籍、事務用紙、図画用紙等に加工されたサイズのことです。

A列とB列があり、それぞれ後ろに続く番号が1つ増えるごとにサイズは2/1ずつ下がっていきます。

番号はおのおの0番から10番まであります。

このとき、縦と横の比率は1:√2(約1.4)の関係となります。

紙加工仕上げ寸法は原紙寸法を元に考慮されており、1枚の紙から効率よく多くのページを取れるようになっています。

(単位:mm)
A列 B列
0 841×1189 1030×1456
1 594×841 728×1030
2 420×594 515×728
3 297×420 364×515
4 210×297 257×364
5 148×210 182×257
6 105×148 128×182
7 74×105 91×182
8 52×74 64×91
9 37×52 45×64
10 26×37 32×45

blog_youshisaizu1

紙の規格によってサイズが違います!

紙加工仕上がりサイズにはいくつかの規格があり、規格によってサイズが異なっているものがあります。

また、A列は国際規格と同一ですが、B列は日本独自の規格サイズです。

JIS規格(日本)

日本工業規格のことをJapanese Industrial Standards の略でJISと呼びます。

ISO規格(欧米)

ISOとは、International Organization for Standardization(国際標準化機構)のこと。国際間のやり取りをスムーズに行うための基準です。

pagetop


suloca
〒540-0038
大阪市中央区内淡路町二丁目1番10号
アストレア内淡路1階
TEL:06-7777-8552
FAX:06-6943-7958
<アクセス>
小ロット印刷から特殊用紙まで、格安・高品質な名刺・ショップカードの印刷通販専門店 スロカ
Copyright (C) 2010-2017 suloca Co.,Ltd. All Rights Reserved.